パワースポットやイヤシロチは、磁場がゼロの場所

地球は大きな磁石であり、どんな場所も微量の磁気を帯びていますが、N極とS極の磁気が互いに打ち消しあって磁場がゼロになっている場所があります。そのような場所が「ゼロ磁場」であると、電気通信大学名誉教授の佐々木茂美先生は著書『「見えないもの」を科学する』の中で述べています。
ゼロ磁場のゼロは、何もないという意味ではありません。左右から押し合う地層の力が拮抗することで磁場は+−ゼロになるものの、そこには巨大なエネルギーが発生しています。そのエネルギーが作用することで、究極のパワースポットともいわれるほどの奇跡が、そこに生じるのです。
日本で最も有名なゼロ磁場として、近年様々なマスコミに取り上げられているのが長野県にある分杭峠です。よほどの悪天候でない限り、平日でも数十人が訪れるというこの分杭峠では、驚くべき奇跡が起こっているといいます。世界でも有数のパワースポットといわれるこの分杭峠で起こっている驚くべき事実について、次章で詳しく紹介していきます。
実際に奇跡が頻発する、ゼロ磁場・分杭峠

インライトメント36ホームへ
資料請求はこちらから
運気がアップするパワースポットは「ゼロ磁場」だった!
パワースポットやイヤシロチは、磁場がゼロの場所
実際に奇跡が頻発する、ゼロ磁場・分杭峠
人工のゼロ磁場を発現させることに成功!
今いる場所がパワースポットになる!
copyright (C)
株式会社オレガノコーポレーション
all rights reserved